好きなマドンナ & 作品アンケート 開催中! 投票する

寅さん全作品解説/第20作『男はつらいよ寅次郎頑張れ!』

本作をひとことで言うと

寅さんの恋愛コーチ

人気若手俳優の中村雅俊・大竹しのぶをゲストに迎え、寅さんが本格的な恋愛コーチに乗り出す初の作品。寅さんの恋愛はサブプロットに収まり、「アイ・ラブ・ユー。できるか青年?」の名言も飛び出す恋愛指南が作品の中心となる。大竹しのぶの瑞々しい熱演とシリーズ屈指の珍場面とらや大爆発は必見。

マドンナ/藤村志保

役名:島田藤子(土産物店の女主人)

今ではすっかり品のいいおばあちゃま役が似合う藤村志保がマドンナ。当時38歳。前作に引き続きマドンナの存在感は薄め。まるで寅さんをフルためだけのアイコンとして存在しているフシもあり、少し女優が可哀想な気もしてくる。

第20作「男はつらいよ寅次郎頑張れ!」評論

若手俳優をゲストに迎え、寅さんが本格的恋愛コーチに乗り出す

タコ社長「寅さんが遂に現役を引退してね、コーチに就任したって話をしてたんだよ」
博「現役の時はダメでも、コーチになったらよくなったってこともありますからねえ」
一同「わははは!」

第20作「男はつらいよ寅次郎頑張れ!」

寅さんが就任したコーチとは、もちろん恋のコーチ役である。第20作『寅次郎頑張れ!』は寅さんが恋のキューピッドとして本格的に活躍をする初めての作品だ。

寅さんが恋の支援をするのは、とらやに下宿するワット君(中村雅俊)と、彼が通う定食屋の娘・幸子(大竹しのぶ)の若い二人。

寅さんはこれまでも何度か人様の恋愛コーチを務めてきたが、物語の中心はあくまで寅さん自身の恋愛にあった。しかし、本作ではコーチを受ける若い二人がメインに据えられ、寅さんの恋はほとんどおまけ的なポジションに収まっている。シリーズ20作目にして、寅さんがいよいよ恋物語の主役を譲るのが本作最大の特徴だ。

初デートを前にしたワット君へ、微に入り細にわたるデート指南を延々と続けるシーンは本作の見どころのひとつ。これまで数十人のマドンナにフラれ続け、未だ独身である寅さんが得意気に語る「アイ・ラブ・ユー。できるか青年?」には、当時の観客全員から「お前が言うな!」の総ツッコミが入ったことだろう。必見の爆笑シーンである。

キャストにおける注目は、当時若干20歳であった新進女優の大竹しのぶ。恋に揺れる乙女心を実に巧みに演じており、彼女が出演するシーンだけ心なしかスクリーンに輝きが増す。本作の大竹しのぶは完全に”マドンナ食い”といってもよく、瑞々しいその熱演は要注目である。

コーチ役に徹するかと思われた寅さんだったが、物語後半にはマドンナ藤子(藤村志保)に出会い、観客の期待通り早々に恋の現役復帰を果たす。しかし、本作における寅さんの恋はサブプロットであるため、いまひとつ盛り上がりに欠けるのが正直なところ。

人気若手俳優の起用、サブにまわった寅さんの恋など、シリーズの新展開を模索するような試行錯誤が随所に見られる本作であるが、その中でも最大の試行錯誤といってもよい珍シーンがある。それが「とらや大爆発」である。

爆発前の煽りと焦らしは実にスリリングで楽しいシーンだが、ここでの笑いはこれまでの作品にはついぞなかったタイプの笑いである。「普通に死ぬでしょ!?」という驚きとともに、シリーズがついに過渡期を迎えたことを強く印象づけるシーンである。

渥美清 (出演), 倍賞千恵子 (出演), 山田洋次 (監督)
¥2,236 (2021/12/01 12:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
PayPayモール

第20作「男はつらいよ寅次郎頑張れ!」 作品データ

第20作「男はつらいよ寅次郎頑張れ!」 予告編

第20作「男はつらいよ寅次郎頑張れ!」 あらすじ

準備中

第20作「男はつらいよ寅次郎頑張れ!」 作品データ

公開1977年(昭和52年)12月24日
同時上映ワニと鸚鵡とおっとせい(郷ひろみ)
観客動員数188万1,000人
※『男はつらいよ』寅さん読本/寅さん倶楽部[編]より
洋題Tora-san Plays Cupid
よかったらシェアしてね!