好きなマドンナ & 作品アンケート 開催中! 投票する

寅さん全作品解説/第25作『男はつらいよ寅次郎ハイビスカスの花』

本作をひとことで言うと

寅さん、ついに同棲する

本命マドンナ・リリーが三度目の登場、寅さんといよいよ深い男女の仲に至る第25作。常夏の楽園・沖縄という舞台設定が二人の蜜月をさらに甘く描き出す。最高に気っ風のよいラストシーンを筆頭に名場面が目白押し。寅とリリーを長く見守ってきたファンにとってはご褒美のような作品で、根強いファンを持つ。

マドンナ/浅丘ルリ子

役名:リリー(旅回りの歌手)

シリーズ通算3度目の登場となるリリー。初登場(11作)と2度目(15作)を予習してから本作を見れば、寅さんとリリーの物語がより心に沁み入るはず。個人的には、高志くん(江藤潤)との喫茶店シーンで、年上女性の魅力を垣間見せるリリーが好き。

第25作「男はつらいよ寅次郎ハイビスカスの花」評論

映画史に残る最愛の関係「寅とリリー」を甘く切なく描く

第25作『寅次郎ハイビスカスの花』には、浅丘ルリ子演じるマドンナ・リリーが通算3度目のシリーズ登場を果たす。

過去2作で抜群の相性を見せた寅とリリーは、三度目の正直である本作でかつてなく深い男女の仲に至る。しかし、その関係が最終的に観客の想像をはるか超えるところに着地するのが本作である。根強いファンを持つ人気作品だ。

物語は沖縄で病に倒れたリリーが寅に宛てたSOSの手紙から始まる。飛行機嫌いを克服し駆けつけた寅に感激するリリー。やがて2人は同棲を始める。沖縄という楽園の舞台設定もあいまって、2人の蜜月は甘くこってり描かれる。長いシリーズの中でも異色のラブラブパートとなるのが物語前半だ。

だが、同棲を境に2人のすれ違いがはじまる。リリーは寅と夫婦の関係になりたいが、寅はその思いをのらりくらりとかわしてしまう。そして、ある夜の激しい喧嘩をきっかけにリリーはいよいよ家を飛び出す。

この悶着の後に2人は葛飾柴又で再会をするが、移ろいやすいは女心。リリーは沖縄での日々を「私たち、夢を見てたのよ」と述懐し、蜜月はすでに昔の話。寅次郎とは一般的な男女の関係に納まらない方がよい、リリーはそんな悲しい結論に至るのである。

しかし、リリーが寅にかけた別れ際の一言は、また別の女心を映し出している。

「ねえ寅さん、もし旅先でつらい目にあったりしたら、またこないだみたいに来てくれる?」。

リリーは、寅との蜜月そしてすれ違いを経てもなお、いつかまた寅と巡り会いたいのである。リリーにとって寅は、さすらいの旅の途中、いつかまた出会いたい希望の人、懐かしい最愛の人なのだ。

三度目の正直においてもなお結ばれない、それゆえ離別することもない、ある意味究極の男女関係に至るのが寅さんとリリーの結末である。しかし、これが悲恋でなく未来ある爽やかな関係として心に残るのは、長いシリーズの中でも最高に気っ風のよいラストシーンのなせるわざだろう。

寅とリリーは、いつかまた日本のどこかでこんな再会を果たすのだろう──そんな期待を抱かせるラストシーンを筆頭に、映画史に残る最愛の関係「寅とリリー」の名場面が凝縮された濃厚な作品。二人を長く見守ってきたファンにとっては甘いご褒美のようでもある。何度でも楽しみたくなる名作だ。

渥美清 (出演), 倍賞千恵子 (出演), 山田洋次 (監督)
¥2,467 (2021/12/01 10:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

第25作「男はつらいよ寅次郎ハイビスカスの花」作品データ

第25作「男はつらいよ寅次郎ハイビスカスの花」 予告編

第25作「男はつらいよ寅次郎ハイビスカスの花」 あらすじ

準備中

第25作「男はつらいよ寅次郎ハイビスカスの花」 作品データ

公開1980年(昭和55年)8月2日
同時上映思えば遠くへ来たもんだ(武田鉄矢)
観客動員数206万3,000人
※『男はつらいよ』寅さん読本/寅さん倶楽部[編]より
洋題Tora’s Tropical Fever
よかったらシェアしてね!