寅さん全48作品解説/第18作『男はつらいよ寅次郎純情詩集』

torasan_poster_episode_18

シリーズ唯一の悲劇的作品

シリーズ唯一マドンナが亡くなってしまう悲劇的作品。人の死を扱う作品ながらその瞬間を大胆に省略し、残された人々に焦点を当てることで深い感動をもたらす演出手腕は流石。「人はなぜ死ぬの?」というマドンナの問いに、全力で道化を演じる寅さんの奮闘努力が涙を誘う。演出の冴えが極みに達した名作。

マドンナ/京マチ子

madonna18

役名:柳生綾(満男の先生・雅子の母)
「あ~ら」「ま~あ」「おほほ」など、独特なセリフのイントネーション、芝居がかった身のこなしはこれぞ昭和女優といった印象。当時すでに大御所の部類に入っていたと思うが、作中で「デメ金」呼ばわりしてしまう山田洋次のチャレンジ精神に感服してしまう。

第18作『男はつらいよ寅次郎純情詩集』評論

死と離別の悲しみを慎ましやかに描いた名作

第18作『寅次郎純情詩集』はシリーズで唯一マドンナが亡くなってしまう悲劇的作品だ。

作劇をドラマティックにするため安易に死を持ち出す物語が氾濫する中、死と離別の悲しみをここまで慎ましやかに美しく描いた作品は、日本映画史を紐解いても他にほとんど例がないのではないか。70年代寅さんはいずれも傑作揃いだが、本作はその中でもとくに深く心に沁み入る名作といえる。

マドンナ綾(京マチ子)は、かつて隆盛をほこった一族の令嬢。破産寸前の一族のために望まない結婚を強いられ、あげく晩年には不治の病に冒されるという悲運の女性である。

彼女が余命幾ばくもないことを知るのは、マドンナの娘・雅子(檀ふみ)とさくらの二人のみ。寅次郎はもちろん、本人ですら明示的にはそのことを知らない。とらやでの団欒シーンに顕著だが、マドンナの命の限りを知る者と、何も知らず無邪気に振る舞う者たちの対比により、今を生きることの尊さを鮮やかに描き出す脚本・演出は見事としかいいようがない。

本作最大の見どころは、薄幸なマドンナにむけられた寅さんの涙を誘う奮闘努力である。

今回の寅さんは旅先で無銭飲食をはたらき、勾留先の警察でのびのび逗留するなど、いつにも増して厚かましすぎる非常識な人物として描かれる。しかし、作品後半ではこの厚かましさが粗野ながら純度の高い献身へと転化し、マドンナへ無償の愛として注がれるのだ。

死期を悟ったマドンナの「人はなぜ死ぬの?」という根源的な問いかけには、全身全霊をかけた道化を演じ、綾に最後の安らぎと笑顔をもたらす。やがて綾を喪ったあと、いつかみんなで語り合った「綾が元気になったらどんなお店を開くのがいいか?」という夢のつづきを、ひとり考え続けていたことを告白するシーンは実に涙を誘う。さくらの涙ぐむ表情と、冬の長い陽につつまれた青空が印象的なこのシーンは息を呑むほどに美しい。

人の死を扱う作品でありながら死の瞬間をあえて省略し、残された人々に焦点を当てることで、喪失にともなう悔恨と人を想う心の美しさを描き出すことに成功している本作。

男はつらいよシリーズ作品の中から監督賞を選ぶとすれば、間違いなく候補の筆頭に挙がる作品である。山田洋次の演出力が極みに達した作品のひとつといえるだろう。

<17作「寅次郎夕焼け小焼け」 トップ 19作「寅次郎と殿様」

第18作「男はつらいよ寅次郎純情詩集」作品データ

公開 1976年(昭和51年)12月25日
併映 『おとうと』(郷ひろみ)
観客動員 172万6,000人
マドンナ 京マチ子
ゲスト 檀ふみ/浦辺粂子/永六輔
洋題 Tora's Pure Love

      2017/04/25

 - 男はつらいよ作品紹介