寅さん全48作品解説/第2作『続・男はつらいよ』

torasan_poster_episode_2

寅さん、生き別れの母に会う

母への思い、恩師の薫陶など、暖かいテーマで人間味溢れる山田洋次節が炸裂する第2作。未開発の柴又、佐藤オリエの親しみあるマドンナなど心が癒される道具立てが満載。「さしづめインテリ」の名言を生み出した渥美の演技は本作も絶好調で、ミヤコ蝶々、東野英治郎ら芸達者達とのバトルが楽しめる。

マドンナ/佐藤オリエ

madonna2

役名:役名:坪内夏子(音楽家)
第2作の暖かな雰囲気はマドンナ・佐藤オリエに依るところが大きい。寅さんへの接し方は、まるでわが子に対する母親のよう。全48作品中、もっとも母性を感じさせるマドンナといってもいいかもしれない。

第2作「続・男はつらいよ」評論

母、恩師、幼なじみなど、心癒されるテーマに溢れた秀作

第1作「男はつらいよ」は54万人の観客動員を記録し、スマッシュヒットとなった。(ちなみに、その年の邦画1位は石原裕次郎主演「栄光の5000キロ」で動員300万人、興収12億円)

当時、喜劇映画ではほとんどヒット作がなかった松竹は、この成績を受け続編の製作を急遽決定。男はつらいよはこうしてシリーズ化の道を歩むこととなる。

驚くべきはそのスケジュール。第1作は1969年8月27日公開。第2作目はなんと3か月後の11月15日に公開されるのだ。今の映画事情からは考えられない製作ペースである。1作目と2作目のポスターがほとんど一緒であるところに、いかに大慌てで続編が作られたかがうかがえる。

torasan_poster_episode_1 torasan_poster_episode_21作目と2作目のポスター比較。ほとんど一緒。

2作目では、幼き日々に生き別れとなった母への思い、やんちゃを叱られた懐かしい恩師の薫陶など、山田洋次お得意の普遍性ある暖かいテーマが主軸となっている。

舞台となる葛飾柴又も、昭和の面影を色濃く残した未開発の風景。幼なじみである佐藤オリエのマドンナは母性たっぷりに寅次郎を「寅ちゃん♪」と呼ぶ。幼き日々の懐かしい思い出を想起させる設定が満載で、シリーズ48作中でもっとも子供のような寅次郎が楽しめる作品だ。

渥美清の演技は本作でも絶好調。まず、後期作品では絶対に見られない体をはったドタバタを展開している。サッカーボールをおもいっきり空振りして転倒するなど、よく見るとかなり痛そうな芝居にも意欲的に取り組む。

母親役のミヤコ蝶々との演技では、自分の技を思いっきりぶつけられる安心感からか、他のシーンより熱演度が1.5倍増し。東野英治郎との芝居がかった師弟関係のシーンも、東野のどっしりとした演技にぶつかり稽古で挑んでいる。今では名優の誉れ高い山崎努も恋敵役で出演しているが、この重鎮二人に比べるとどうしても存在が軽く見えてしまう。芸達者達の演技バトルを十分に堪能できる作品だ。

2作目にして、その後のシリーズお約束となる型がほぼできあがっている本作品。幼き日々の甘い思い出を呼び起こす、ゆったりと、豊かな喜劇作品に仕上がっている。

<1作「男はつらいよ」 トップ 3作「フーテンの寅」

第2作「続・男はつらいよ」作品データ

公開 1969年(昭和44年)11月15日
併映 喜劇・よさこい旅行(フランキー堺)
観客動員 48万9,000人
マドンナ 佐藤オリエ
ゲスト ミヤコ蝶々/東野英治郎/山崎努/財津一郎
洋題 Tora-san's Cherished Mother

      2017/04/23

 - 男はつらいよ作品紹介