寅さん全48作品解説/第48作『男はつらいよ寅次郎紅の花』

torasan_poster_episode_48

そして、奇跡の大団円

満男の恋の相手に泉(後藤久美子)が復帰、マドンナには寅さん最愛の人リリー(浅丘ルリ子)が23作ぶりに登場し、ファン待望のキャストが揃った第48作。公開の翌年、渥美清の死去によって事実上のシリーズ最終作となってしまうが、万が一を想定した山田洋次の作品づくりのためか、シリーズ完結篇としても見事に成立している奇跡の作品。

マドンナ/浅丘ルリ子

madonna48

役名:リリー(元・旅回りの歌手)
浅丘ルリ子はリリー役でシリーズ最多となる4度目のマドンナ出演。前回登場から15年の間に、リリーは年上の男と結婚そして死別し、現在はその遺産で悠々自適に暮らす未亡人という設定に。劇中で寅さんに浴びせる啖呵「つっ転ばしてグニャチンで、トンチキチンのオタンコナス!」が最高。

第48作『男はつらいよ寅次郎紅の花』評論

終わりの予感が導いた、必然のハッピーエンド

さあ、いよいよ寅さんシリーズ最終作『紅の花』である。本作では満男の恋の相手として3作ぶりに後藤久美子が登場、さらに過去3回マドンナ出演し、寅さんと抜群の相性でファンを楽しませてきたマドンナ・リリー(浅丘ルリ子)も登場する。

二人はこれからどうなるの?とファンをやきもきさせてきた2つのカップルが、加計呂麻島と柴又を舞台にいよいよ結ばれる。砂浜でじゃれる満男と泉、それを見守る寅とリリー。クライマックスとなる砂浜シーンの多幸感をぜひお楽しみいただきたい。

本作の幸せな結末が成立した背景には、渥美清の深刻な体調不良があったに違いない。山田洋次監督は本作公開の翌年、渥美清に捧げた弔辞でこう述べていた。

「5年前に渥美さんの病気を知り、予断を許さないのは知っていました。体の衰えが目立ち始めて、小島の急な坂を登る時はとても辛そうだった。この時、この陽気な男が映画から手を引く日も近いと思っていました」。

渥美清が元気なうちに、寅さんシリーズに残された課題を解決しておきたい──本作製作前に、山田監督がそう考えたことは想像に難くない。

消化不良のまま終わっていた満男と泉の関係に落とし前をつけ、寅さん最愛のマドンナ・リリーのその後を描き、さらには我らが寅さんの恋愛恐怖症も克服してしまおう。仮に本作が最後の寅さん映画となっても、誰もが晴れやかな気持ちでその終焉を受け入れられるように──。こうした意図が、本作のキャスティングとハッピーエンドの結末を導いたとみて間違いないだろう。

注目すべきは寅さん最後のセリフ「本当にみなさんご苦労さまでした」である。本作が渥美清の遺作となり、寅さんシリーズが終焉したこと知る後年の私たちにとって、このセリフに宿る意味は重い。この一言は、車寅次郎という架空の人物に役者人生の大半を捧げた俳優・渥美清に向けてこそ捧げられるべき一言である。寅さん、渥美さん、すべての製作スタッフのみなさん、楽しい映画を本当にありがとうございました。

ある人は言った。「『紅の花』は単体の映画作品ではなく、48節に分割された長い長い1本の映画のラストシーンである」と。またある人は言った。「寅さんシリーズは、車寅次郎の奮闘努力を描いたフィクションであると同時に、長い年月をかけて変わりゆく日本の風景、そして、俳優・渥美清の人生を克明に収めたドキュメンタリー映画である」と。

寅さんシリーズを巡るこうした様々な視座、そして、俳優・渥美清の数奇な人生をまるごと包み込むかのように、神戸被災地の青年団がつくる踊りの輪──まさに「大団円」を遠景に映しながら、寅さんシリーズは長い長いシリーズの歴史に幕を閉じる。

<47作「拝啓車寅次郎様」 トップ 1作「男はつらいよ」

第48作『男はつらいよ寅次郎紅の花』

公開 1995年(平成7年)12月23日
併映 『サラリーマン専科』(三宅裕司)
観客動員 170万人
マドンナ 浅丘ルリ子
ゲスト 後藤久美子/田中邦衛/夏木マリ/千石規子/宮川大助・花子
洋題 Tora-san to the Rescue

   

 - 男はつらいよ作品紹介