「男はつらいよ」好き芸能人リスト

寅さんの人気はやはり根強く、みなさんがよく知るあの人もこの人も、熱狂的な寅さんファンだったりする。そこで本記事では、各界を代表する寅さん好きの芸能人・著名人を紹介していく。「え!あの人も寅さん好きなの!?」という驚きをみなさまにも体験いただきたい。

氏名 職業 理由
蒼井 優 女優 映画『家族はつらいよ』パンフレットにて、好きな山田洋次作品として「寅さん」をあげ、寅さんDVD-BOXを持っていると語っている。
秋山 仁 数学者 寅さん、山田洋次から、数学をエモーショナルな観点から解釈することの大事さを学んだらしい。自著『数学流生き方の再発見』にも寅さんが登場する。
ANI(スチャダラパー) ミュージシャン 2014年3月9日開催の「原宿シネマ×男はつらいよ」に出演。フェイバリット作品として第26作『寅次郎かもめ歌』をセレクト。電気グルーヴ×スチャダラパー名義の楽曲『羊たちのエレジー』には寅さんの影響を受けたと思しきリリックが登場する。
イギー・ポップ ミュージシャン 俳優・永瀬正敏との初対面時に「ドゥー・ユー・ノウ・トラサン?」と聞くほどのファン。奥様は日本人。
伊集院 光 タレント 中学生の頃に寅さんが好きだったと、TBSラジオの番組『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』2013年7月2日放送にてコメント。
入江 悠 映画監督 浪人時代に、寅さんを48作目から1作目に向けてさかのぼって見るという鑑賞法を発案。毎回若返っていく寅さんを見て不思議な感覚を得る。
上島 竜兵 お笑い芸人 アメトーーク「男はつらいよ芸人」回に出演。お気に入り作品は『寅次郎あじさいの恋』。山田洋次監督作品『虹をつかむ男』にも出演。
オジンオズボーン 篠宮暁 漫才師 2013年5月11日開催の「原宿シネマ×男はつらいよ」に出演。フェイバリット作品として第27作『浪花の恋の寅次郎』をセレクト。宇宙大怪獣ギララへの想いを語る
小渕 恵三 元内閣総理大臣 寅さんファンクラブの会員名簿には、小渕氏が第1号として記されているらしい。
楠木 建 経営学者 自著『戦略読書日記』の中で渥美清を「人生の師」と仰ぐ。『拝啓天皇陛下』や初期寅さん作品を高く評価している。
黒谷 友香 女優 笑っていいとも出演時、DVD全作&セリフCDを所持しているとコメント。会場アンケートで「DVD全部持っている人」と訪ね、見事該当者1人をゲット、賞品を獲得する。
劇団ひとり お笑い芸人 初監督作品『晴天の霹靂』製作において、一番影響を受けたのは「寅さん」と語る。雨トーーク「男はつらいよ芸人」回にも出演。
越中 詩郎 プロレスラー 寅さんの大ファン。渥美清と一緒に写った写真がプロレス雑誌に掲載されたことがあるらしい。
佐藤 竹善 ミュージシャン 文化放送の番組『続・みんなの寅さん』に2013年6月16日出演、寅さん愛を語る。
清水 ミチコ タレント アメトーーク「男はつらいよ芸人」回に出演。
妹尾 武 ピアニスト 寅さんテーマ曲をピアノカバー。寅さんの影響で「港めぐりツアー」を毎年開催している。
曽我部 恵一 ミュージシャン ライブのMCにて、寅さん口調で語ることがあるらしい。
立川 志らく 落語家 寅さん全48作品の見どころを紹介する演目を演じ、山田洋次監督から評価を得る。
玉袋 筋太郎 お笑い芸人 2014年4月13日開催の「原宿シネマ×男はつらいよ」に出演。フェイバリット作品として第15作『寅次郎相合い傘』をセレクト。
滝口 悠生 作家 寅さんをモチーフにした純文学小説『愛と人生』を発表。小説家を志している時期にどっぷり寅さんにハマっていた。
中川 敬(ソウル・フラワー・ユニオン) ミュージシャン ソロアルバム『街道筋の着地しないブルース』にて『男はつらいよ』のテーマをカバー。アルバム制作中は寅さんをヘビーローテーションしていたらしい。
名越 康文 精神科医 2012年11月10日開催の「原宿シネマ×男はつらいよ」に出演。フェイバリット作品として第2作『続・男はつらいよ』をセレクト。
二階堂 和美 ミュージシャン 5thアルバム『にじみ』にて寅さんをイメージした楽曲『女はつらいよ』を発表。講談社『男はつらいよDVDマガジン』にて寅さん好き芸能人として紹介される。
博多華丸(華丸大吉) お笑い芸人 アメトーーク「男はつらいよ芸人」回に出演。
濱田 岳 俳優 2012年9月30日開催の「原宿シネマ×男はつらいよ」に出演。フェイバリット作品として第7作『奮闘篇』をセレクト。
ヒデ(ペナルティ) お笑い芸人 アメトーーク「男はつらいよ芸人」回に出演。
ベッキー タレント 自宅に「男はつらいよ」全作品のレーザーディスクを所有。周囲に「誰それ?」とつっこまれながらも、ハロウィンで寅さんのコスプレをしたこともあるという。
森下 くるみ 女優・作家 TBSラジオ「ザ・トップ5」に出演し、男はつらいよフェイバリット5作品を紹介する。フェイバリット第1位は第48作「寅次郎紅の花」。
森本 千絵 アートディレクター 2013年6月29日開催の「原宿シネマ×男はつらいよ」に出演。フェイバリット作品として第18作『寅次郎純情詩集』をセレクト。
みうら じゅん イラストレーター 2012年10月28日開催の「原宿シネマ×男はつらいよ」に出演。フェイバリット作品として第21作『寅次郎わが道をゆく』をセレクト。寅さんについて「90%以上、間違ってる人」と、実に的を射た人物評を行う。
山口 良一 タレント 娘の名前を「さくら」にするほどの寅さんファン。『寅次郎の告白』出演オファーは飛び上がるほど嬉しかったという。
リリー・フランキー イラストレーター 書籍『人生に、寅さんを。』の帯に直筆コメントを寄せている。「ボクたちは、寅さんの言葉に支えられて、生きてきた。」
レキシ(池田貴史) ミュージシャン 寅さんが好きすぎて、葛飾柴又に住んでいたこともあるという。
「寅さんアーカイブス」トップ

      2016/06/13

 - 寅さんアーカイブス