『「男はつらいよ」うちあけ話』/池田荘太郎

『男はつらいよ』の宣伝担当を務めた、元・松竹の宣伝マン「寅さん課長」こと池田荘太郎氏による思い出話。

本作の目玉は、なんといっても「第三章 ”寅さん課長”誕生」だろう。池田氏は、第1作目から男はつらいよの宣伝担当として、あの手この手で寅さんの売り出しに尽力。その楽しい奮闘努力がイキイキと描かれるのがこの章だ。

たとえば、柴又のお店と協力して「寅さんせんべい」を開発したり、はたまた、当時の国鉄とタイアップして寅さんポスターを全国三千の駅に掲示するなど、たくさんの販促を打ってきた。

少し変わった販促としては、第5作『望郷篇』の際になんと!渥美清に、銭湯の女風呂で、映画予告編の紙芝居をさせたこともあったという。たくさんの裸婦に取りかこまれ、紙芝居をする渥美清の貴重な写真も収録されている。

寅さん人気にあわせて、松竹内には「寅さん課」を設立。専用ダイヤルまで用意して、一時間に三十本の電話を受けていたこともあったそうだ(「寅さんは童貞ですか?」という、しょうもない質問もあったという)。

池田氏は撮影現場にも出入りをしていたため、本書には出演者たちのちょっといい話も多数収録されている。御前様こと、笠智衆のエピソードをひとつ引用しよう。

 「男はつらいよ」が大船で撮影に入ると、外国の記者団がセットを訪れることが多くなりました。ニューヨーク・タイムズ、プラウダ、ル・モンドなど、世界の超一流の記者たちです。

(中略)

ほとんどが観光気分でした。だが、笠さんがふらりとセットに現れたとたん、彼らは驚いて叫びました。

「チシュウ・リュウが出ている!」

アメリカでも、フランスでも、笠智衆は日本を代表する俳優として深い尊敬を集めており、「チシュウ・リュウが出ている映画なら、すごい作品だろう」となったのです。(145p)

本書には、映画宣伝が牧歌的だった時代のほっこりするエピソードを中心に、Web上ではなかなかお見にかかれない、出演者のウラ話が多数収録されている。

      2016/05/31

 - 男はつらいよ書籍紹介