『男はつらいよ寅次郎春の夢』に出てくる外人マイケル役のハーブ・エデルマンってどんな人

maiko01

maiko02

第24作『男はつらいよ 寅次郎春の夢には、とらやに下宿するアメリカ人セールスマンとして役名マイケル・ジョーダンが登場します。通称マイコー、マイコさん。この役を演じているのが、アメリカ人俳優ハーブ・エデルマンHerb Edelman)であります。

ハーブ・エデルマンは、映画やテレビ俳優として活動していました。代表作としてシチュエーションコメディ『The Golden Girls』があり、主要登場人物であるご婦人の元旦那としての役(Stanley Zbornak役)が有名です。(勝手な想像だが、ジャケの印象からして『The Golde Girls』は、『Sex and the city』のおばあちゃん版みたいなヤツ?)

アメリカのテレビ番組向けの賞として有名なエミー賞では、上記の元旦那役でOutstanding Guest Actor in a Comedy Series に2度ノミネートされています。「助演男優賞・コメディ部門」といったところでしょうか?「herb edelman」でyoutube検索するとたくさんテレビ作品がでてきますので、マイコー以外のハーブ・エデルマンを知りたい方はぜひ。

さて、ハーブ・エデルマンはテレビ俳優としての活動の方が多かったようですが、映画俳優として日本でも比較的有名な作品に出ています。高倉健主演の「ザ・ヤクザ」であります。残念ながら「ザ・ヤクザ」はセルDVD化はされていませんが、TSUTAYAの「発掘良品シリーズ」でDVDレンタルは可能になっています。

『ザ・ヤクザ』は1974年の作品、『男はつらいよ 寅次郎春の夢』は1979年の作品ですから、マイコーはヤクザから足を洗ってセールスマンになったのです。ワルかった頃のマイコーの姿を見てみたいものです。(そもそもヤクザ役なのか?という疑問はさておき)

マイコー、もとい、ハーブ・エデルマンは残念ながらすでに1996年7月21日に肺気腫で亡くなっています。寅さんファンならこの情報でピンときたかもしれません。寅さんでおなじみ渥美清は同年の1996年8月4日に亡くなっており、死因は肺がん。年齢も同じ60代で、共通点が多い二人であります。

下記写真は劇中における寅さんとマイケル。喧嘩もするけどすぐ仲良くなっちゃう。

maiko03

maiko04

ハーブ・エデルマンは残念ながら亡くなってしまいましたが、彼が演じたマイコーは、商売ベタで、お母ちゃん思いで、さくらに惚れてる不思議な外人さんとして、寅さんファンの心の中で生き続けています。きっと今ごろ、ずーっとあのまんまの元気な姿で、アリゾナのお母ちゃんと仲良く暮らしているのでしょうね。

「管理人コラム」トップ

      2016/06/01

 - 管理人コラム