伊集院光が自身のラジオ番組で「寅さん」を語る 

伊集院光がTBSラジオ『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』において、『男はつらいよ』の魅力について語っていた。

同じく伊集院光がホストを務める『伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!』に永六輔が出演した際、第18作『男はつらいよ寅次郎純情詩集』を取り上げたのだが、その後日談的な内容で、寅さんについてのフリートークを展開したのである。

伊集院光は、中学生の頃に寅さんが好きだったそうだが、作品が長期化し、シリーズ後期になるにつれ、寅さんが仏様のようになっていく様子に違和感を感じ、寅さんシリーズから離れていったそうである。寅さんをリアルタイムで見ていた人の中には、このような人も少なからずいるのではないだろうか。

晩年最後のほうの寅さんに関していうと、「寅さんっていいこと言う」っていう感じあるじゃん?寅さんはもう日本人の心で、超いいこと言う!みたいな。で、寅さん名言集みたいな本もいっぱい出ていて。しかも「国民の…」みたいな調子になってきてたじゃないですか。その感じがあまり好きじゃなくて。

なんか、割と寅さん、好きだった時期もあったんだけど、むしろ中学生ぐらいの時に寅さん好きだったけど、その後半っていうか晩年っていうか、もうなんか「寅さんもういいわ…」ってなってたの。「お腹いっぱいだわ…」って

『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』2013年7月2日放送

そして、久しぶりに見た寅さんに関して、以下のような感想を語った。「寅さんってイヤなやつなんだけど、なんだか憎めない」という点を表現するのに、伊集院光がチョイスした語彙が実に素晴らしい。

久々寅さん見たら、特にこの回がいいのかしんないないけど、「純情詩集」っていう回見たら結構ハマってっていうか。寅さんね、超ヤなやつなの!

でいて、その時の感じの、イヤなやつが帰ってきたっていう感じがすごいのよ。で、寅さんの思う、粗雑で、無知で、でいてガサツで、本能的で、空気を読まないっていう感じがよく出てるの。

「この人、陽気に笑っているけど、本当に怒った時にちょっとヤバいよね…」っていう感じがすごいするの。で、なのに、たまに、たまに、ただ根っから悪い人じゃなかったりとか、あと本当に根っから悪い人は、ずるい人とかが言わない、ちょっとこう人間味あふれることを本当に小さじ一杯ぐらい言う時にグッと来るっていうバランスなの。

俺、なんか、寅さんファンの人に怒られるかもしんないけど、イヤなやつだよね。基本的にはああいう人が親戚にいたら超厄介だし、何かそのー、俺の嫌いな粗雑で、無知で、無知なことを認めなくて、人に迷惑をかけるっていう人なんだよね。

『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』2013年7月2日放送

伊集院光は最後に「今さら来たね寅さんブーム。今さらちょっと軽い寅さんブーム」と語っていたので、今後も彼のラジオ番組で寅さん論が繰り広げられるかもしれない。

「管理人コラム」トップ

      2016/06/01

 - 管理人コラム