「男はつらいよ」寅さんの啖呵売スクリプト

さて、いいかねお客さん。角は一流デパート、赤木屋 黒木屋 白木屋さんで、紅白粉(べにおしろい)つけたお姐ちゃんから、ください頂戴で頂きますと、五千が六千、七千、八千、一万円はする品物だが今日はそれだけくださいとは言わない!

いいかい?はい、並んだ数字がまず一つ。もののはじまりが一ならば、国のはじまりが大和の国、島のはじまりが淡路島、泥棒のはじまりが石川五右衛門なら、スケベエのはじまりがこのおじさん!っての。笑っちゃいけないよスケベエってわかるんだから目つき見りゃ、ね?

続いた数字がニだほら、二冊こうやってまけちゃおう。兄さん寄ってらっしゃいは吉原のカブ、仁吉が通る東海道、日光 結構 東照宮、憎まれ小僧ができないように教育資料の一端としておまけしましょうもう一冊。

産で死んだが三島のおせん、おせんばかりがおなごじゃないよ?京都は極楽寺坂の門前で、かの有名な小野小町が、三日三晩飲まず食わずに野垂れ死んだのが三十三。とかく三という数字はあやが悪い、三三六歩で引け目がないというね。

どう?まかった数字が四つ!ほら四冊目。四谷 赤坂 麹町 チャラチャラ流れる御茶ノ水、粋な姐ちゃん立ちションベン。白く咲いたが百合の花、四角四面は豆腐屋の娘、色は白いが水くさい。

ね、どう?一度変われば二度変わる、三度変われば四度変わる、淀の川瀬の水車、誰(たれ)を待つやらクルクルと。ゴホンゴホンと浪さんが、磯の浜辺でねえあなた、わたしゃあなたの妻じゃもの妻は妻でも阪東(ばんつま)よときやがった。

つづいた数字が六つ、ロクだ!昔、武士の位を禄という。後藤又兵衛が槍一本で六万石。ロクでもないガキができちゃいけないというんで教育資料の一端としておまけしましょうこの本。

どう!七冊目。七つ長野の善光寺、八つ谷中の奥寺で、竹の柱に茅の屋根、手鍋下げてもわしゃいとやせぬ、信州信濃の新ソバよりもわたしゃあなたのそばがよい。あなた百までわしゃ九十九まで、ともにシラミのたかるまでってやつ。

どう、ね?ほら、これで買い手がなかったらあたし、浅野内匠頭じゃないけど腹切ったつもり!え、ダメか!?チキショウ!ったくねえ、今日はしょうがねえ、貧乏人の行列だあ!まあいいよ、いいっていいって、帰んなさい帰んなさい。

はあ~…ははは…。みんないなくなっちゃったねえ。どう、おじいちゃん。ええ?じっと見てっけど、お孫さんに持ってきたいんだろこれ、ね。いくら見てたってダメ、いくら見てたって、買わなきゃ。ね、そうでしょ?ね?いくら掘っても畑にゃハマグリ出てこないっていうじゃないの、どう?田へしたもんだよ蛙のしょんべん、見上げたもんだよ屋根屋のふんどしってね。はい、どう!

はい、どうです、見ていただきましょう!先ほど説明しちゃったの、これだけお安くまけちゃうよ?なぜこんなにお安い品物のかというとね、本来ならばこれ輸出する品物なんですよあんた。なんで輸出ができないかというと、はっきり言っちゃおう今まで言わなかった!わたくしが知っている東京は花の都、神田は六法堂という大きな本屋さんが、わずか百五十万円の税金で泣きの涙で投げ出した品物!だからこんなに安い!本来ならば文部省選定!衛生博覧会ご指定!大変な品物だこれ!これだけ安く売っちゃう。ね?

英語の本なんか見てごらんなさい英語。ずーっと買いてある。ね?もっともわかりやすいよ?この英語見てごらん、わたしだって読める。どう?エヌ・エイチ・ケイにマッカーサー、メンソレタームにデーデーテー、こういう、昔の古い英語から出てるんだから。買ってちょうだいよ、どーお?ね?

管理人コメント

本記事の啖呵売スクリプトは、CD『渥美清の啖呵売(一)』を参考に書き起こしをしている。寅さんシリーズ劇中の啖呵売シーンでは、「スケベの始まりがこのおじさん」が「スケベの始まりが小平の義雄」に変わるなど応用パターンがいくつかあるが、本スクリプトを啖呵売の基本形と考えてよいと思う。

ツヤとハリのある美しい声で、わぁーっと畳みかけるようにセリフが続くと思うと、急に小さな声でゆっくりと語りかけるような勢いに変わったりと、緩急のつけ具合が絶妙である。また、声の高低についてもじっくり聞くと実に細かな芸をしていることがよくわかる。時折、少し裏返り気味なトーンでしゃべるところなどはなかなかマネができない芸当である。

新年会、忘年会、結婚式の余興に、はたまた町内会のバザーからフリーマーケットの収益向上のために、寅さんの啖呵売をぜひご活用いただきたい。

      2016/05/31

 - 寅さんの啖呵売