『朝日新聞版 寅さんの伝言』/小泉信一


朝日新聞編集委員の小泉信一が、朝日新聞誌上で2年間計90本にわたって連載した人気企画を一冊にまとめたもの。

本書が素晴らしいのは、『男はつらいよ』出演者・関係者のインタビューが元となって構成されている点。インタビューテープは述べ90時間にも及んでいるが、新聞のワンコーナーという特性上、発言からは一言二言のみが抜粋され、1000字程度のコラムに集約されている。このため、もっとも印象深い一言のみが抽出されており、記憶のワンショットが色鮮やかににつづられている。

渥美清の親友・谷幹一によると、渥美清はとても用心深い人物で、知り合う人のタイプを見極め、表面だけを見せる「A面」から、本音を語りあえる「Z面」まで、どの渥美清で接するかを瞬時に決めていたそうだ。

インタビュー対象の記憶に残る渥美清、その思い出は「A面」か、「B面」か、あるいは「Z面」の渥美清だったかもしれないが、本書を読み進めるうちにそれらがひとつひとつ重なり、重層的に渥美清という人物が浮かびあがってくる。

登場する関係者たちは錚々たるメンツ。これまで『男はつらいよ』に関するインタビューを一切受けてこなかったマドンナ女優も登場しているらしく、下記一覧に興奮してしまう寅さんファンも多いことだろう。

インタビューに出演する「マドンナ女優」一覧

  • 浅丘ルリ子
  • 吉永小百合
  • 松坂慶子
  • 竹下景子
  • いしだあゆみ
  • 八千草薫
  • 桃井かおり
  • 光本幸子
  • 音無美紀子
  • 木の実ナナ
  • 真野響子
  • 佐藤オリエ
  • 香川京子
  • 栗原小巻
  • 榊原るみ
  • 樫山文江
  • 檀ふみ
  • 夏木マリ
  • 岸惠子
  • 秋吉久美子
  • 風吹ジュン
  • 長山藍子

インタビューに出演する「ゲストスター・脇役」一覧

  • 樹木希林
  • イッセー尾形
  • 笹野高史
  • 柄本明
  • 財津一郎
  • 長瀬正敏
  • 中村雅俊
  • 岸本加世子
  • 淡路恵子
  • 大村崑
  • 小林幸子
  • 黒柳徹子
  • 永六輔
  • 岡本茉利
  • 村山富市(!)

もちろん、山田洋次監督、倍賞千恵子、前田吟、佐藤蛾次郎ら、『男はつらいよ』製作者、レギュラーメンバーも登場している。

関係者の述懐は、どれもこれも心に染み入るいい話のオンパレード。なかでも、歴代マドンナが語る”男性として渥美清”のエピソードは特に印象深いもの。以下引用。

仕事を離れても、桃井は渥美を頼りにしていた。マスコミに追いかけられていたとき隠れたのが、東京都内にあった渥美の仕事場だった。
「この人のそばにいれば絶対に安全と。人の痛みや弱さに敏感で色気があり、とてもセクシーでした」(桃井かおり 41p)

たぐいまれな天分を持った渥美清。努力と勉強の人でもあった。夏木は、そんな渥美に男の色気を感じた。
「フランスの紳士みたいに渋いんですよ。ヨーロッパの香りのする、成熟した男優と言ったらいいのでしょうか。お付き合いするとしたら最高の男性だと思うんです」(夏木マリ 51p)

身近で見た渥美は?
「優しい目で人を深く見ていたようでした。ある種の空しさを心の奥にしまっていたのではないでしょうか。求道者みたいな雰囲気でした」(中略)「寅さんはみんなの心の中に生き続けているの。永遠の人なのね」(長山藍子 75p)

個人的にもっとも衝撃的だったのは、パンクロッカーのイギー・ポップも寅さん好きだったという永瀬正敏の証言。初対面でいきなり「ドゥー・ユー・ノウ・トラサン?」と聞かれたというのだから腰が抜ける。

このように、熱心な寅さんファンでも初めて聞く印象的なエピソードが多数収録されている本書。どのページからでも気楽に読み進められる一話完結型のコラムなので、移動中の暇つぶしにはよいお供となるだろう。

      2016/05/31

 - 男はつらいよ書籍紹介