『寅さん大全』/井上ひさし


『寅さん大全』の名に違わず、映画『男はつらいよ』シリーズ、そして、その主役である車寅次郎について、微に入り細にわたり入念に調べ上げている一冊。

「主要登場人物」「人物相関図」「作品ポスターとあらすじ」「マドンナ略歴」「寅さんの商売品リスト」「寅さんの歌った歌リスト」「寅さんの旅行路リスト」など、このへんは基本中の基本ということでばっちりおさえているが、以下の通り、他の寅さん研究本にはない独自調査が本書の魅力である。

「寅さん愛と失恋の座標軸」

寅さんが経験した全ての失恋を[マドンナ残酷度⇔寅さん敵前逃亡度][保護者的愛⇔盲目的愛]の2軸マトリクスでマッピング。こうして図にしてみると、第1作から第6作の失恋はすべて「マドンナ残酷度が高く」かつ「寅さんの盲目的愛が強い」ことがわかる。初期寅さんのフラれっぷりは実に豪快で、安定感がある。

「人相学でマドンナを分析」

人相学の観点から、全マドンナのお人柄を勝手に分析。

  • 【第8作マドンナ・貴子=池内淳子】結婚したらカカア天下、後家の相。
  • 【第9作マドンナ・歌子=吉永小百合】晩年運の良妻賢母型、夢多き女性。
  • 【第11作マドンナ・リリー=浅丘ルリ子】激情家。奔放で型にはまらず華がある。

高島易断という占いのプロに、写真だけで架空人物の診断依頼をしてしまうあたり、この本はすこし様子がおかしい。

「寅さんの帰宅行動パターン」

寅さんのとらやへの帰宅パターンを徹底分析。シリーズには、以下8パターンの帰宅があるという。

「何も隠れない型」「人に隠れ型」「変装・モノ隠れ型」「何も作為をしない型」「事前電話型」「人を利用型」「女性がきっかけ型」「ちょっと江戸屋立ち寄り型」。

「雲龍型」「不知火型」の2パターンしかない相撲にくらべて、寅さんは相当芸が深い。しかし、よくもまあこんなことを思いついたものだ。

 

その他、元テキ屋による”テキ屋としての寅さん分析”、料理評論家・小林カツ代による”くるま屋の食卓分析”など、寅さんマニアも軽く唸る(呆れる?)ほどの追究調査が全編にわたり展開されている一冊。

本書の監修は、劇作家の井上ひさし。井上ひさしは、渥美清が男はつらいよでブレイクする以前に浅草フランス座で一緒に仕事をしていたこともある。

この井上ひさしによる2本のエッセイ「男はつらいよに脱帽」「車寅次郎氏の言語運用」も、本書の目玉。日本を代表する文章家がつづる「男はつらいよ」そして「寅さん」への賛辞は、これだけで一冊分のお金を払ってもいいほどの名文である。

本書は93年出版のため、調査対象は第45作まで。残念ながら絶版になっているが、ぜひ最終第48作までコンプリートした増補改訂版がほしいところ。

中古本であればamazonに多数流通しているので、われこそは寅さんマニアだ!という方には、ご自身の知識を確かめる意味でもおススメしたい一冊。

      2016/05/31

 - 男はつらいよ書籍紹介