50周年! 男はつらいよ ぴあ/ぴあMOOK(ぴあ株式会社)

寅さんビギナー向けの「50周年&50作公開」記念のムック本

2019年7月22日に発売された、ぴあ株式会社による寅さんムック本。表紙に「祝! 50周年!」「寅さんの50年50作をプレイバック!」とあるように、寅さん50周年&第50作公開を記念して刊行された。

本書は、寅さんシリーズのビギナーを想定して編集されているようだ。男はつらいよシリーズの魅力、寅さんの家系図、寅さんのプロフィールやスタイル、葛飾柴又のお散歩ガイド、全45人のマドンナ紹介など、寅さんシリーズのガイドブックに定番の内容が収録されている。

目次はご覧のとおり

ビギナーにとって嬉しいのは、別冊付録の「あらすじと見どころが一気にわかる!男はつらいよシリーズ全ガイド 映画1~49作+テレビ版」ではないだろうか。DVDケースと同じサイズの小冊子で、パラパラとページをめくれば、未見の作品や、かつて観た作品を手軽に探しだすことができるだろう。

DVDケースと同じサイズの別冊付録

作品のあらすじ&見どころがコンパクトにまとまっている

本書のページの余白には、ほぼ全ページにわたって寅さんの名言が掲載されている。寅さんビギナーを寅さん沼に引きずり込まんとする工夫、遊び心が随所にあるのが特徴だ。

さくら、博、リリー、御前様の名言もいくつか収録されている

本の装丁は親しみやすく、それでいて、品も感じさせる丁寧なデザイン。全体として好感の持てるムック本だ。寅さんシリーズをお薦めしたい友人・知人へのプレゼントとしても良いのではないだろうか。

倍賞千恵子、前田吟、美保純ら、関係者インタビューが興味深い

さて、こういったムック本において、寅さんシリーズを見込んでいるマニアが真っ先にチェックするのが出演者・関係者へのインタビューである(私だけかもしれないが)。

こうした企画本ではじめてインタビューに登場する関係者──とりわけ、脇役や裏方スタッフなど──からシリーズの新たな情報が得られることは、意外に多いからである。

本書掲載のインタビューから、個人的に興味深かった内容を以下にご紹介しよう。まずは主要出演者たちのインタビューから。

倍賞千恵子インタビュー

──(笑)今回は、寅さん、あるいは渥美さんを、どう意識して演じられたんでしょうか。

倍賞 なんかね……どっかにいると思ってたんだと思う……あたし。今回、柴又にひさしぶりに行ったとき、そして裏道を歩いていたときに、ふっとあの路地にいそう、って感じがあって。どっかこう、いなくなっていることを認めたくないのかなって。(中略)実際に具合悪くなって入院してるところを見てないから、どっかで認められないのね、自分の中で、きっと。(25P)

前田吟インタビュー

──第1作のさくらさんに告白するシーンは、三十数回やりなおしをしたという有名な話がありますね。あれは、どういうところが難しかったんでしょうか?

前田 ああ、あれはよく覚えてます。普通の映画だと、いろんなエピソードを(中略)描きながら、あ、この子はさくらさんに惚れてるなっていう前哨戦があって、あそこ(告白シーン)に行くでしょ。あの博さんの場合は前哨戦なしだからね。(中略)博さんが北海道から出てきてあそこ(朝日印刷)で働き出してずーっと経験したことを、それこそ台詞の中に全部出さないといけないじゃないですか、すべてをね。そこから一気に結婚式までいっちゃうっていう。それはとても難しかったですね。(28P)

美保純インタビュー

美保 (あけみ役での出演は)もうないと思ってましたから、うれしかったです。思い出そうとして(過去のシリーズを)観たんですけど……すごすぎたから、途中でやめました。若いパワーが、見れば見るほど。だから今回は、今の私で演じようと思いました。(中略)

──お父さんのタコ社長のキャラクターが入ってるような演技でもありましたね。

美保 そうなんです。血圧高くて血管にコレステロールが溜まってるタイプの演技にしました(笑)。ちゃんと老けるようにって。だからちょっと野暮ったいぐらいの厚化粧にしてみたんです(笑)。(35P)

佐藤蛾次郎インタビュー

──渥美さんと初めて会われたときの印象は?

佐藤 俺みたいなペーペーでも偉そうにしないし、大事に扱ってくれた。かわいがってくれましたね。よく、六本木の高い寿司屋に連れて行ってくれましたよ。「おいしい寿司、食ったことないだろ」って。売れてる人って偉そうにするじゃない?「お前、それ芝居違うぞ」とか言う人もいるけど、渥美さんは一切言わない。

──映画版が始まってからの渥美さんの思い出については?

佐藤 後半のほうだな。「蛾次郎、タヒチ行こうか?」って言われたの。「お前とさくら、監督と俺と。4~5人で行こうか。俺、全部出してやるから行こうよ」って2週間ぐらいタヒチに行ったんですよ。楽しかった。みんな本当に喜んでた。監督もうれしそうにしていて、あんな監督見たことない。(62P)

出川三男氏が語る、「男はつらいよ」セット撮影へのこだわり

裏方スタッフとしてインタビューに登場するのは、美術監督・出川三男氏、作曲家・山本純ノ介氏、『男はつらいよ』シリーズの4Kデジタル修復の指揮を取った松竹映像センターの五十嵐真氏の御三方。

個人的に興味深かったのは出川三男氏のインタビューだ。「男はつらいよ」は建物内のシーンはほとんどセットで撮影されているが、そのこだわりについて語られている。「男はつらいよ」の美術に関するこういったインタビュー記事はほとんどないので、貴重なものである。

出川三男氏インタビュー

──日本映画は70年代を境にセット主体から、ロケの比重が大きくなっていったと思うんですけど、山田監督はセットでの撮影にこだわっているんですね。

出川 きちんと芝居を撮りたいから。ロケーションだと、たとえば喫茶店を借りたら朝10時までとか、時間の制約がある。だからセットでじっくり撮りたいと。オフィスとか書店とかが出てくるときはロケーションに出ることもありますけど、芝居が大変なところはもう、全部セットです。

しかしセットは予算が大変だから。喫茶店だって半日借りて何万円だけど、セットを作ったら何百万。ステージ代が1日いくら、電気代がいくら、大道具や小道具など、いろいろかかるからね。ロケーションにしたほうが絶対、安いわけですよ。

──山田組はていねいな映画づくりをしている、と言われる所以のひとつですね。

出川 60年近くこの仕事した自分から見ても山田さんはすごい。(かつての)撮影所から続く基本的な映画づくりを唯一守っている。ウィーンロケの『寅次郎心の旅路』(1989年、第41作)ではスタッフ全員(ウィーンに)連れていった。普通外国ロケに行くのはメインスタッフだけなのに、小道具や僕の助手さんも(笑)。だから前代未聞。2週間ぐらいかな。若いスタッフたちにちゃんと「ロケーションはこういうもんだ」っていうのを見せようとしていたのかもしれない。(85P-86P)

なお、本書は全ページフルカラーで、映画撮影中の写真や、パンフレット用のスチール写真が豊富に掲載されている。

絶妙な距離感を感じさせる渥美清と山田洋次監督のツーショット写真などもあり、写真集のようにパラパラとめくるだけでも楽しい一冊だ。寅さんビギナーに特にお薦めだが、シリーズを何周も見込んでいるようなマニアも一読の価値はある。

   

 - 男はつらいよ書籍紹介