『寅さんと仏教』/横山秀樹


著者は真言宗智山派桂松院の副住職であるお坊さん。「仏教」の視点から映画『男はつらいよ』を読み解くというコンセプトの一冊である。

各章のタイトルには「諦め」「縁起」「空観」「説法」「慈悲」「彼岸」「中道」「布施」「智慧」「懺悔」など、仏教用語が並ぶ。それぞれの用語について、寅さん劇中の行動を引用しながら、仏陀の教えを説いていくスタイルで進行する。

著者によると、仏教的視点から車寅次郎という男を分析すれば、寅さんは「慈悲」の心に溢れた男ということになる。「慈悲」とは、見返りを求めず相手を絶対的にいとおしむ心のこと。

たとえば寅さんは、金を騙し取られた芸者ぼたんのために、国宝級の日本画家・青観にぼたんのための絵を書いてくれと直訴する。自分のことを顧みず人助けをしようとするこの行動こそが、著者によれば「慈悲の極み」なのだという。

それでは、寅さんは悟りに近い立派な人間なのかというと、キッパリ、そうではないと筆者は断言する。

 当人は元々「偉い兄貴」になれる素質のない「根無し草」であって堅気にはなれぬのだから、自分流の悟りですら手が届かない。まして惚れた腫れたの恋する「困った気持ち」に誘発される煩悩も断てぬのだから、真の「悟り」など遥かに望むべくもない。(333p)

なんとも手厳しい評価であるが、劇中で御前様もいうように「煩悩が背広を着て歩いているような男」、それが寅さんなのである。

『男はつらいよ』劇中の引用が延々と続くため、仏陀の教えをはじめ、本当に伝えたいことがぼやけてしまう冗長な文章は残念だが、筆者の寅さん愛は十分に伝わってくる(というか、それこそが本当に伝えたかったことなのだろうと思う)。

      2016/05/31

 - 男はつらいよ書籍紹介