男はつらいよ全48作を放送 BSジャパン「土曜は寅さん!」2013年10/12(土)より開始

男はつらいよ全48作品を放送するTV番組「土曜は寅さん!」が、2013年10月12日(土)から、BSジャパンにて放送開始となる。

番組は、毎週土曜日の午後6時45分からスタート。放送第1回目は第1作『男はつらいよ』、以降19日に2作『続・男はつらいよ』、26日に3作『男はつらいよ フーテンの寅』を放送予定。

番組開始にあたって、山田洋次監督はこんな風にコメントをしている。

──なぜ寅さんは今でも愛されているのでしょう

「今でもというか、ずっと人気があったんじゃなくて、近年また人気がありますね。どうしてなのかな。

(中略)

寅さんの発想は管理されていないから、極めて自由である。そんなことへの憧れが今、改めて若者たちに、寅さんを通して感じられる気がする」

(msn産経ニュース 2013/10/5より)

山田洋次監督の指摘通り、近年は寅さん人気が再燃しているように思える。2011年から、寅さん関連番組やコンテンツが切れ目なく続いているのだ。

  • 2011年1月 書籍「寅さんDVDマガジン」連載開始
  • 2011年4月 文化放送「みんなの寅さん」放送開始
  • 2011年4月 朝日新聞「寅さんの伝言」連載開始
  • 2011年12月 WOWOW「金曜寅さん」放送開始
  • 2012年9月 原宿シネマ「原宿シネマ×男はつらいよ」開催
  • 2012年12月 銀座シネパトス「みんなの寅さんまつり」開催
  • 2013年4月 文化放送「続・みんなの寅さん」放送開始
  • 2013年6月 東京新聞「寅さんのことば」連載開始
  • 2014年2月 原宿シネマ「第3弾 原宿シネマ×男はつらいよ」開催(2014年4月9日追記)

新聞などは、”寅さん人気”と”時代の気分”を関連づけるのが大好きであるが、男はつらいよが再評価されている理由はもっと複合的なものではないかと思う。寅さんという資産を有効に活用したいという松竹の思惑もあれば、リピート性の高い安定したシニア向けコンテンツだからなど供給側の論理もあるだろう。寅さん人気再燃の理由(また、そもそも人気が再燃しているのか?など)は、このブログでも考察をしていきたい。

ともあれ、BSジャパン「土曜は寅さん!」ではおよそ1年をかけて、男はつらいよ全作品を放送予定。これから土曜日の夕方は楽しい時間になりそうである。

「管理人コラム」トップ

      2016/06/01

 - 管理人コラム