寅さんファンに聞く「寅さんとわたし」第9回~ピアニスト 作曲家・妹尾 武さんの巻(前篇)

ゴスペラーズ『永遠(とわ)に 』をはじめ、鈴木雅之、髙橋真梨子ら名だたるミュージシャンに楽曲提供を行っているピアニスト・作曲家の妹尾 武(せのお たけし)さん。

妹尾さんは、港から港へと旅する寅さんに影響を受け、「港めぐりツアー」というコンサートツアーを開催してしまうほどの寅さんファン。5月13日からはじまる2017ツアーを前に、『男はつらいよ』の魅力をたっぷりと語っていただきました。

「港めぐりツアー2017」のチケット購入・お問い合わせはコチラへどうぞ

取材日:2017年3月22日
取材場所:ピアノスタジオノア

「港めぐりツアー」のコンセプトは“フーテンのピアノ弾き、港へ行く”


妹尾さんが毎年開催している「港めぐりツアー」は、寅さんの影響で始められたとか。

寅さんの影響はかなりありますね。もし僕がコンサートをやるなら、寅さんの啖呵売みたいにお客さんと対話をしながら、みんなで小旅行気分を味わえるようなコンサートをやりたいと前から思っていたんです。

だから、会場もいわゆるコンサートホールではなく、寅さんが出没しそうな港の近くでロケーションを楽しめる会場を選んでいますし、演奏もお客さんのすぐそばでスピーカーを介さず生音で楽しめるようにしています。当日のリクエストで演奏曲を決めたり、お客さんにピアノで3音弾いてもらってその3音を使った即興曲を作ったりとか、その日だけのお楽しみもいろいろ用意しているんですよ。

まさに寅さんのように身ひとつで、港から港、ピアノからピアノへの旅ですね。「フーテンのピアノ弾き、港へ行く」という感じでコンサートをずっと続けています。

作り物ではない “天然ノスタルジック”が「男はつらいよ」の魅力

妹尾さんが『男はつらいよ』を初めて見たのはいつ頃ですか?

小さい頃、最初はテレビでした。毎回寅さんの夢からはじまるパターンが衝撃的で、あはは!と笑っていたら急にしんみりさせられたりとか、いろんなものが詰まった楽しい映画だなと子供心に思っていました。

両親と映画館で見ることもありました。隣の人同士がおしゃべりをして、大声で笑って、ジュース飲んだりして、映画が終わると床にポップコーンが散乱してるとか。そういう生活感のある環境で寅さんを見て育つうちに、気がついたら寅さんが大好きな映画の1つになっていたんです。

僕は『男はつらいよ』第1作と同じ1969年生まれなので、初期寅さんの風景とか、家電製品、ファッションなんかは非常にノスタルジックで、今見ると本当に楽しいし、懐かしいですね。風鈴の音、打ち水とかの江戸文化もさり気なく入っていて、あの映画の作り物ではない“天然ノスタルジック”な感じが大好きです。

曲作りに行き詰まったら寅さんを見る。「男はつらいよ」は僕にとっての栄養剤


プロフィールには「男はつらいよ全48作品を所持」とありますが、これはどのようにコレクションされたのですか?

寅さんが全作品入っている「寅んく」というDVDボックスセットがあるんです。腹巻き、お守り、ミニポスターなんかも入って結構いい値段したんですけど、自分への誕生日プレゼントに思い切って大人買いしました。

なんといってもパッケージがあの寅さんのトランクですから、ファンならやっぱり手を出したくなるじゃないですか。でも実際には「トランクとしては使用しないでください」って書いてあるんですよ(笑)。使っても保証はしないぞ?みたいな。

どんな時に寅さんをご覧になりますか?

山田洋次さんが創り上げてきた世界観って僕のDNAに刻みこまれていて、曲作りの原点でもあるんですよね。だから、作曲に行き詰ったら寅さんを見て原点に帰るんです。僕にとっては栄養剤みたいなものですね。

だからいつでも見られるように全作揃えたんですけど、誰かに貸したりしているうちに3作くらい無くなっちゃったんですよ。もしこのインタビューをご覧の方で思い当たるフシがある人は直ちに返してください(笑)。

神戸の震災跡地を撮影した、寅さん最終作のラストシーンが感慨深い


妹尾さんのおすすめ作品を教えてください。

僕は基本的に1作目(「男はつらいよ」)ですね。いい加減よく飽きないなと自分でも思うんですけど、毎年お正月には必ず1作目を見るんですよ、もう恒例行事。

あとはやっぱりマドンナにリリーさんが出てくるシリーズかな(11作「寅次郎忘れな草」15作「寅次郎相合い傘」25作「寅次郎ハイビスカスの花」48作「寅次郎紅の花」)。

ハワイに行こうとしたけど行けなくて、家に引きこもってたっていう話もありましたよね(4作「新・男はつらいよ」)。あれも面白かった。

印象に残っているシーンを教えてください。

本当にいろいろあるんですが、感慨深いのは寅さん最終作のラストシーンです。最後は神戸の震災跡地のロケで終わるんですけど、神戸は僕の生まれ故郷なんです。僕が生まれた1969年に寅さんが始まり、僕が生まれた街で寅さんが終わるという、勝手に運命めいたものを感じていることもあって、あのラストシーンは印象深いですね。

妹尾武さんインタビュー 後篇につづく


妹尾 武(せのお たけし) プロフィール
ピアニスト・作曲家
1969年12月26日 神戸生まれ

1995年、大学在学中に作曲した「So Heavenly.」が細野晴臣選曲・監修のコンピレーションアルバムに収録されたのを機に、プロとしての音楽活動を開始。以降、ゴスペラーズ、髙橋真梨子、鈴木雅之、加藤登紀子、Lyrico(露崎春女)、Baby Boo、藤原道山、夏川りみ、谷村新司、松任谷由実といったアーティストのレコーディングにピアニストとして参加。 また、作曲家としても様々なアーティストや映画、テレビドラマ、CMに楽曲提供をしている。

自身もアーティスト活動を展開しており、妹尾武名義では計8枚のアルバムをリリース。2007年には藤原道山(尺八)、古川展生(チェロ)との3人組ユニット「KOBUDO-古武道-」を結成し、計6枚のアルバムを発表している。好きな映画は「男はつらいよ」で、その影響を受け自らのコンサート企画「港めぐりツアー」を毎年行っている。最も敬愛する音楽家はセルゲイ・ラフマニノフ。

【主な提供作品】
「永遠(とわ)に」(作曲)ゴスペラーズ
「氷の花」(作曲)ゴスペラーズ
「新大阪」(共作曲)ゴスペラーズ
「After The Rain」(作曲)黒沢 薫
「明日は来るから」(共作詞・作曲)東方神起
「枯れない花」(作曲・編曲・Cho.)高橋真梨子
「花霞」(作詞・作曲・編曲)夏川りみ
「君の未来、僕の想い」(作曲・Cho.)鈴木雅之
「Friends before Lovers」(共作曲)K
「キセキノハナ」(作曲)Lyrico
「あなたの腕のなかで」(作詞・作曲)平原綾香
「調和 oto ~with reflection~」(編曲)KOKIA
「愛するたびに生まれかわって」(作曲・編曲)増田いずみ
「絆 ki・zu・na」(共作曲)加藤登紀子
「We are ~僕らはここにいる~」(作詞・作曲・編曲)Baby Boo
「Day Of Lights」(作詞・作曲・編曲)AJI
「ココロノジカン」(編曲・Cho.)谷村新司
「Beautiful Days」(作曲・編曲)宮本笑里
「風のゆく道」(作曲・編曲)amin
「イツクシミ」(作詞・作曲)上間綾乃

【「妹尾 武」名義・主なアルバム】
FORTUNE -SENOO SONGBOOK-」(2013)Capital Village
Anchors. The Best of Senoo 2000-2009」(2009)Silent/POLYSTAR
RETRO MODERN DANDY」(2009)Silent/POLYSTAR



【「KOBUDO -古武道-」名義・主なアルバム】
cuisine de classic」(2015)ホリプロ
OTOTABI-音旅-」(2013)DENON
イツクシミ」(2011)日本コロムビア



妹尾武さんインタビュー後篇へ

   

 - 寅さんとわたし