2013年5月12日「原宿シネマ×男はつらいよ」オジンオズボーン篠宮館長 イベントレポート

harajyuku-cinemavol2
2013年5月12日に開催された「原宿シネマ×男はつらいよ」に行ってきました。

原宿シネマは「人生に衝撃を与えた1本」というテーマのもと、毎回異なる館長が思い入れのある映画作品を1本セレクトして届ける企画。今回は『男はつらいよ』とのコラボで、3ヶ月連続男はつらいよ上映企画の第1回目。お笑いコンビ・オジンオズボーンの篠宮暁が館長をつとめました。

harajyuku-cinemavol2_01

原宿の竹下通りを抜け、さらに進むこと数分。シャレオツたちがひしめく通りのワキに、ひっそりと会場がありました。普段はカフェ&雑貨販売&イベントスペースのようです。

harajyuku-cinemavol2_02

少し早くついたのですが、会場にはすでに軽い行列が。若い女性から青年、おじいちゃんからなんと外国人の御一行までいる。寅さん、年齢層広いなあ。

harajyuku-cinemavol2_03

今年の年始に銀座シネパトスで開催された「新春!寅さん祭り」では、来場者のほとんどがおやじ(私含む)。館内にはむせかえるほどの加齢臭が漂っていましたが、今日は6割から7割が女性、制服姿の女子高生もいるぞ。原宿という場の力と、オジンオズボーン篠宮氏の集客力のなせるワザか。

harajyuku-cinemavol2_04

会場は映画館ではないので、座椅子や座布団などが用意され、前列の方では地べたに座るスタイル。いいなあこういう手作りな雰囲気。そうこうしているうちに会場はあっという間に満席。すごい人気だ。

harajyuku-cinemavol2_05

さあ、いよいよ館長オジンオズボーン篠宮氏の登場です。帝釈天参道で買ったというアンオフィシャル寅さんTシャツに、寅さんハットの出で立ちで登場。上映前にかるく場内をあたためます。

「それでは僕が”けっこう毛だらけ”といったら、みなさん”猫灰だらけ!”と元気よく返してくださいね。それで上映をスタートしたいと思います!」

一度試してみるものの「猫灰だらけ」が長いのでどうも締まらない。

「わかりました、それじゃあ僕が”けっこう毛だらけ、猫灰……”まで言いますので、みなさんは”だらけ!”と返してくださいね」

場内せーので「だらけ!」と叫んで、上映スタートです。

今回の上映作品は芸者ふみを演じるマドンナ松坂慶子が超絶美しい、第27作『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』。オジンオズボーン篠宮氏のもっともお気に入りの一本であります。

harajyuku-cinemavol2_06

上映終了後には、ピーマンズスタンダード南川氏と、ワンワンニャンニャン菊池氏が登場して、男はつらいよトークイベントが始まりました。あっ、サイドのおふたりはビューティフルピープルの寅さんTシャツ着ています。

トークショーは、好きなマドンナ・好きな作品にはじまり、男はつらいよあるある、男はつらいよエピソード、そして会場のお客さんも軽くいじりながらの約30分。

会場に来ていた外国人御一行さんにマイクを向け映画の感想を聞くと、「タノシカッタ…デモ…サミシカッタ…」と寅さんの本質をついた秀逸なコメント。わはは!と場内大いにうなづいていました。

harajyuku-cinemavol2_07

上演終了後は、場内で販売されていた寅さん名言本に篠宮氏をはじめ出演者のみなさんがサイン。こちらはサインを書く篠宮氏。

なお、この上映会にはおみやげもついておりまして、松竹映画が誇る特撮映画シリーズ「宇宙大怪獣ギララ」「吸血鬼ゴケミドロ」「吸血髑髏船」「昆虫大戦争」のフィギュアをいただきました。後援の松竹映画からの提供でしょうか。

tokusatsu05

こちらが特撮映画も大好きという篠宮氏イチオシの『宇宙大怪獣ギララ』です。ギララは第34作『男はつらいよ寅次郎真実一路』の冒頭夢のシーンにも登場しますね。

トークショーでは、篠宮氏によるギララトリビアも披露されてまして……

  • 寅さんに出てくるギララは、やっつけられる時に「トーラーサーンー!」っていう
  • ギララのエンディングテーマは倍賞千恵子が歌っている
のだそうです。宇宙大怪獣ギララ、見てみたくなってきたぞ。

以上、オジオズ篠宮館長による「原宿シネマ×男はつらいよ」レポートでした。手作り感があって、アットホームで、映画愛にあふれるとてもよい企画でした。

      2014/04/30

 - 男はつらいよイベントレポート