2013年6月15日『男はつらいよ寅次郎相合い傘』上映@目黒シネマ イベントレポート

meguro_cinema_09

目黒シネマにて『男はつらいよ』上映中!

東京は目黒シネマにて、2013年6月15日(土)から6月28日(金)までの二週間、第15作『男はつらいよ 寅次郎相合い傘と『東京家族』が二本立て上映中です。昨日の公開日にさっそく行ってまいりましたのでレポートいたします。

meguro_cinema_01

入り口にはズドーンと寅さん&東京家族のポスター。私はこの界隈で仕事をしているのでほぼ毎日目黒シネマの前を通るのですが、番組が入れ替わるたびに作られるお手製のポップがとても楽しみなんです。映画への溢れる愛情を感じますね。

meguro_cinema_02
meguro_cinema_03

通りに面した一階入り口から地下の劇場へ向かう階段。壁面には男はつらいよ歴代作品のポスターや、男はつらいよに関する貴重な新聞記事などが掲示されています。これらをじっくりと読みすすめながら劇場に向けて階段を下りていきます。徐々に気分が盛り上がってまいりましたあ。

目黒シネマオリジナルの寅さんハンコがお出迎え

meguro_cinema_04
meguro_cinema_05

もぎりのお姉さんに一礼をして中に入ると、今回の上映にあわせて特別に作られた目黒シネマオリジナル寅さんの手づくり消しゴムハンコがお出迎えです。わあすごい!

meguro_cinema_06

どのハンコもキャラクターの特徴を掴んでいて味わい深い。これはみんな大好き寅ちゃんですね。

meguro_cinema_07

マジメな顔して、実は寅さんへのツッコミ芸が切れ味鋭く、いつも劇場内を沸かせる博くん。

meguro_cinema_08

私が特に気に入ったのが初代・満男こと中村はやと君であります。どうよこの下ぶくれた素朴な顔立ち!これらのハンコは夕涼庵子さんの制作。Webサイトに味わい深いハンコがたくさんなのでよろしければぜひ。(→ハンコバコ

土曜日の夕方の回でしたが、劇場には20名~30名くらいのお客さん。中にはお父さんに連れられた小学生くらいの男の子女の子もいました。なんとも微笑ましい光景です。いよいよ本篇が始まるかなあというころ場内アナウンスが流れるのですが、これも寅さんファンの心をくすぐる内容で嬉しくって涙が出そうです。うろ覚えなので正確ではありませんがこんな感じでした。

「みんな大好き日本の国民的名作が目黒シネマで初上映。今回上映するのはシリーズの中でも名作といわれる第15作『寅次郎相合い傘』。シリーズ2度目の登場であるリリーに寅さんは今回も恋をします。果して二人の恋の行方はどうなるの?寅さんのメロンはあるのか?さあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい、まもなく開演だよぉ~!」

少し朴訥とした喋り声のお姉さんが「寅さんのメロンはあるのか?」「寄ってらっしゃい見てらっしゃい」と話すのを聞いて思わずクスクス笑ってしまいました。

寅さんのメロンはあるのか!?いや、ないんですけどね。

21:00からの最終上映はなんと500円!

そして本篇。おなじみのメロン騒動から、リリーに向けた寅さんの感動のアリア、雨の中の寅次郎とリリーの相合い傘。出演者も製作者もみんな脂が乗り切った中期の代表的な作品で、わたくし大満足でありました。笑い声があふれて劇場全体がやさしい雰囲気に包まれます。『男はつらいよ』はやっぱり劇場で見るに限るねえ。

今回の上映では21:00からの『寅次郎相合い傘』最後の回はなんと500円で入場ができます。さあ労働者諸君!この時間帯なら仕事帰りにふらーっと寄って寅さんを楽しめますよ。目黒駅徒歩3分、都会のど真ん中で優しい気持ちになること間違いなしの本作品。みんなで寅さんを見に行きましょう!

そして目黒シネマさん、これからも末永くいい名画座であり続けてくださいね!

      2014/04/30

 - 男はつらいよイベントレポート